1分で読める petit-column

■jw.org ウェブサイト 言語数 世界一

リニアより ZOOMが「速い」 コロナ後は

磁力の力で10cm浮き、時速500Kmで走行するリニア中央新幹線。

https://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/

建設目的としては、東海道新幹線の経年劣化や大規模災害に対する備えが挙げられます。

経済効果としては「東京・名古屋間を最速40分、東京・大阪間を最速67分で結ぶという圧倒的な時間短縮効果を有しており、首都圏、中京圏、近畿圏の3大都市圏が、人口約6,600万人が集積する一つの巨大都市圏を形成することで、広域的な交流が促進され、ビジネスの進め方、余暇の過ごし方などライフスタイルを大きく変化させるなど、日本の経済、社会全体への幅広い波及効果が期待できます。」とFAQでは説明されています。

ただ、2027年の開業目標でしたが、工事が進捗しない状況があるためにそのタイミングでは難しそうです。

でも完成したら、是非一度は乗車してみたいものですね。

さて、今回のコロナを機に社会は一気にオンラインへとシフトしました。

日常でもビジネスでも、オンラインで物事が安全に速く処理できることに気が付かされたことは、コロナ禍という怪我の功名であったのかもしれません。

従来のように会議や打ち合わせのために新幹線で出張し商談を済ませるイメージはカッコが良いかもしれませんが、実はZOOM、Teams、Google Meetなどのオンラインビデオ会議システムで十分なことが多いことに気づかされました。

コミュニケーションに関しては、じかに人に会うことに勝るものはありませんが、そうしなくとも大方は大丈夫な場面があります。

そうなると、リニアよりZOOMの方が「速い」、と言っても間違いではないように思えます。

www.jw.org