1分で読める petit-column

■jw.org ウェブサイト 言語数 世界一

笑っていても心の痛むことがある

「笑っていても心の痛むことがある」と言われるとおり、人は問題を抱えていても苦しんでいる素振りさえ見せないことがあります。

外面は楽しそうでも、内面では不安や失意のために苦しんでいることがあるということです。

俳優や芸能人など、いつもダンディだったり、体を張ったリアクション芸を披露する様子をTVで見ていると、とても死を選びそうに思えませんが、突然の訃報となることがあります。

なぜ死を選ぶのでしょうか。

精神的な病である場合もあるかもしれません。

家族に問題が生じているのかもしれません。

対人関係に不和があるのかもしれません。

将来に不安があるからかもしれません。

希望が持てないからかもしれません。

www.jw.org

それで人はたとえ笑ってはいても、心の奥底では大きな苦しみを抱えていることがあるものです。

自分の苦しみを話せる人の存在は本当に大切です。