1分で読める petit-column

■jw.org ウェブサイト 言語数 世界一

「希望とは白昼夢である」 希望とは虚しい夢か?

「希望に生きる者は空腹に死す」とはアメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンが語った言葉と言われます。

希望が単なる非現実的な願いであればそのとおりです。

希望に対する懐疑的な見方は近代に始まったわけではありません。

ギリシャの哲学者アリストテレスは希望の定義を尋ねられ、「希望とは白昼夢である」と答えました。

もし希望が虚しい夢に慰めを求めることにすぎないのであれば、その懐疑的な見方は真実かもしれません。

それで自分の持つ希望の信頼性、どの程度その実現可能性を信じられるものなのか、それが問題です。

希望は根拠がなくとも、プラシーボ効果のように心身に良い影響を与えることがあります。

でも根拠のない希望を求めて生きるなら、砂漠の蜃気楼に惑わされそのうち行き倒れになってしまう、それと同じことが人生で生じるのではないでしょうか。

www.jw.org