1分で読める petit-column

■1分で読める プチ・コラム(私の思うこと) jw.org 新しい世界 すぐそこに! A Better World Is Near

Covid-19と死亡統計に思うこと

Covid-19は死亡統計の中で、どの辺りに位置づけられのでしょうか。

用いたのは厚生労働省の月次死亡統計(概算値)である。公表されている最新データは2021年9月のものなので、2020年10月からの1年間の数字を集計した。この期間には、第3波、第4波、第5波が入っており、いままでにCovid-19で亡くなった日本人の約85%が含まれている。対象期間の全死亡数は143万1983人だった。この期間のCovid-19の死亡数は1万6071人で、全死亡に占める割合は1.12%だった。

全死因の中で新型コロナは何番目だったのか? 医療情報学の専門家が特別寄稿(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

f:id:petit-column:20220212112312p:plain

国内でのコロナの死者数は2月11日時点で2万105人と報告されていますから、このままの推移で行くと、上記表の中では10番目くらいにはランクされると思います。

国内の新型コロナ死者2万人超 新規感染9万8370人:時事ドットコム

ただ上位を占めるのは相変わらず、がん、心疾患、老衰など、良く知られた死因で、今後も不動の位置を占め続けるように思えます。

医療機関がコロナ感染者で埋め尽くされてしまうと、もっと巨大な層をなしている患者への医療提供が難しくなり、それがどのような結果を生み出すのかは想像するに難しいことではありません。

自分と医療提供体制を守るために、一人一人の責任ある行動が重要です。

www.jw.org