1分で読める petit-column

■1分で読める プチ・コラム(私の思うこと) jw.org 新しい世界 すぐそこに! A Better World Is Near

英環境庁が警告した5つの現実に思うこと

今後の洪水対策にイギリス各地の政府が動き出している中、環境庁の報告書は、気候変動に関する5項目の「現実」を掲載している。

www.bbc.com

  • 環境庁単独では「増加する洪水や沿岸地域のリスクから全員を守ることはできない」:同庁はかねて、海面上昇や降雨パターンの変化による長期的な危険性について警告してきた
  • 気候変動は「清潔で十分な量の水の確保を難しくする」:人口増加により、イングランド東部や南東部では水の需要も拡大している
  • 現状の環境に関するルールは「変動する気候に対応できていない」:水の利用や汚染に関する規制は、このような急激な変化を考慮して作られていない
  • 「生態系は気候変動の速さについていけない」:これは特に淡水での生物多様性が失われる要因となっている
  • 「もっとひどい環境関連の出来事が起きるだろう」:洪水、水不足、汚染などによる緊急事態の頻度が上がり、深刻さも増す見通し

要するに気候変動は手に負えない問題である、との報告です。

それで極超音速ミサイルの迎撃を考えるより、気候変動の「迎撃」に頭を使った方がよさそうです。

ただ、それは人間の英知で克服できる問題なのかどうか、現実的に考えてからの話しです。

 

www.jw.org

 

*表示される広告は、当ブログと一切関係がありません。