1分で読める petit-column

■1分で読める プチ・コラム(私の思うこと) jw.org 新しい世界 すぐそこに! A Better World Is Near

スペイン風邪が「終息」した理由に解決策があるのか

疾病対策センターCDC)の公表から以下の知見を得ます。

新型コロナウイルスの変異株「デルタ」には水疱瘡並みの感染力がある

・ワクチン接種を完了している人にも感染する可能性がある

・従来のコロナウイルスよりも重症化する恐れがある

・ワクチン接種を済ませている人が感染する公算は小さいものの、一度感染するとワクチン未接種の人と同様に他の人にウイルスをうつす可能性がある

それで、世界保健機関(WHO)の事務局長は30日、デルタ株の感染拡大によって、コロナとの戦いで「苦労して獲得した成果が危機にさらされている、もしくは失われつつある」と警告しました。

「苦労して獲得した成果が危機にさらされている、もしくは失われつつある」のであるならば、最悪のケースとしてほぼゼロからの仕切り直しとなります。

そうであれば、「ラムダ株」に対しても同じことを繰り返す必要があります。進化論を前提として考えるならば、より強力な株となる可能性があり人類は今後も苦戦を強いられるでしょう。

これから先を考えると絶望感に襲われなくもありませんが、スペイン風邪が「終息」した、或いは一時的に雲隠れした事実も忘れないようにしましょう。

過去においては今ほどの医学的知識と知見の集積がなかったにも拘わらず、普通の生活に回帰しました。それで解明されていないスペイン風邪が「終息」した理由に解決策があるのかもしれません。再発防止は原因の究明にかかっています。