1分で読める petit-column

■1分で読める プチ・コラム(私の思うこと) jw.org 新しい世界 すぐそこに! A Better World Is Near

コロナ感染者数の推移から判断して良識ある行動が出来る人に

感染者数に関する統計が公表されれば、それに基づいて個人が感染対策を考えるのが教養人の良識であるところ、必ずしもすべての人がそのように出来ないので規制するという方法をとります。

良識ある行動が出来ない、そのような人が多く存在していることが社会の危険源となっています。

我々の現行教育システムでは、人の内面の質まで向上させることができない証左となっています。

たとえ社会が表向き豊かになっても、不法や道徳観の無い人が存在しているかぎり、結局は多くの良いものが破壊され、社会全体としては達成した事柄が相殺されてしまうのは何とも残念で、無駄な努力をしているものだと思います。

コロナ感染者数の推移から判断して良識ある行動が出来る人が多ければ多いほど、社会は多くのロスを回避することが出来るのは当たり前のことですが、それが出来ないので皆が苦労をしています。

社会が進歩したとは言われるものの、人の性質はほとんど変化がなく、虚飾のいろどりが進歩であるかと思わせる欺きがあるように思えます。

www.jw.org

「宇宙は高度な数学によって説明できる」ことから思うこと

複雑な数式が知能の働きなしに組み立てられる訳がありません。

そうであるなら宇宙に見られる基本的な物理法則が数学的理論によって説明されるということは、その背後には高度な知性が働いているに違いない、ということになります。

言い換えれば、宇宙は非常に進んだ「数学知識」によって成り立っているのだとすれば、それは非常に高度な知能によって創造されたということになります。

たとえその数学的な内容を理解することが非常に難しく思えるとしても、宇宙が高度な数学によって説明できる、ということが一体何を意味するか、そのことを理解するのは実はそんなに難しいことではないことに気が付いていただければと思います。

www.jw.org

感染するかしないかは人の行動パターンにかかっている

アメリカ 一日の感染者100万人超 オミクロン株拡大か|NHK

バイデン大統領は1月4日、首席医療顧問を務めるファウチ博士らと新型コロナウイルスの感染拡大の状況について協議し「オミクロン株はこれまで見たことがないほど非常に感染力が強く、感染者の数は引き続き増加するとみられる。これからの数週間は厳しいものになるだろう」と述べました。

 

旅行や会食などが盛んな時期が過ぎると感染者数が増加します。

そして行動が制限されます。

感染者数が減ると大勢の人が動き始めます。

また感染者数が増加します。

この繰り返しです。

 

ワクチンを接種することにより防ぐことが出来るのは重症化であって、感染するかしないかは人の行動パターンにかかっています。

 

感染者数の増減の波がある中で、医療提供体制の維持、経済活動の維持は予測に基づく計算が難しく全体的に見て非効率です。

また感染後は重症化に至らなくとも後遺症が懸念されます。

仕事に復帰できないほどダメージを受けると感染が人生を変えてしまいます。

 

それで楽観や願望は捨て、目の前の現実を理性的に見る必要があるでしょう。

ほんの少しの間は。

www.jw.org

「核戦争に勝者なし」に思うこと

核保有5か国「核戦争に勝者なし」声明 核戦争回避と軍縮を強調 | 核兵器禁止条約 | NHKニュース

アメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリスの5か国は3日、核戦争や軍拡競争を防ぐための共同声明を発表しました。「核戦争に勝者はおらず、決して戦ってはならない」と強調しました。

使用しないのなら、そもそも製造せず、保有しないことが最善であると思えますが、そう簡単にはいかないところがこの世界の矛盾です。やがていつかは世界が平和になることを誰もが願いますが、それをどうやって実現するのでしょうか。解決方法を考え続けることより、それは人間に達成できる課題なのかどうか、一度考えてみるのも無駄ではありません。

例えば、皆さんの目の前に数学の難題があり、それを解決すれば世界的な名誉が得られるとしましょう。それをずっと考え続けて、30年、40年となり、ついに結論に到達しました。「この問題は解決できない」。

人間の努力による世界平和の実現についても然り。やってみないと分からないではないか、そんな意欲のない姿勢でどうするのか、と青春ドラマのセリフのようなものが飛んでくるのかもしれませんが、もう充分試みた結果が歴史の教訓として存在しているはずです。

それで本当にやれるものなのかどうか、まず考えてみることも少しは学んだ教養人の選択肢の一つであると思います。

www.jw.org

www.jw.org

明日を見たい人に勧める言葉

明日を見たいと思いますか?

来年を見たいと思いますか?

 

少し言い換えると、自分に将来があるようにしたいと思うでしょうか。

そうであれば「明日のことまで思い煩わない」ことです。

 

ちょっと矛盾しているように感じるかもしれません。

もしこの意味についてもう少し知りたいと思うなら、以下のサイトからどうぞ。

www.jw.org

オンラインによる活動に新たな可能性がある

天皇陛下は最近の会見において「この1年・・・オンラインによる活動に新たな可能性を見いだせたことは、大きな発見と言えます。」と語りました。

確かに、実際に人と人が会って行う活動の多くは、オンラインによって代替できることに気が付かされました。

オンラインによる活動は、時間的、体力的、経済的に大きなメリットがあり、かつ衛生的です。

おそらくエネルギーの効果的な利用にもつながり、省資源、環境汚染の低減にも貢献するでしょう。

それで今後は、まず今までの活動がオンラインに変更出来ないかどうかを考え、それがどうしても難しいのであれば、他の方法で対応する計画が理想的かもしれません。

思いがけないパンデミックの発生によって、昨年も今年も人類にとっては大きな試練となりました。

しかし逃れ道がないわけではなく、当面はまずオンラインによる活動に新たな可能性があります。

 

さらにその先には、もっと素晴らしい将来があるとの情報もあります。

www.jw.org

運動と精神作用について思うこと

激しい運動を行なうと、ドーパミン、セロトニンなど、精神安定作用のある脳内化学物質の分泌が促進されると説明されています。

それで運動をすると気分が良くなります。

昨今うつ病である人が多いように見受けられますが、この病はあまり体を動かさないライフスタイルが原因のひとつであるとの指摘もあります。

それで当然のことながら、学生時代だけでなく、社会人になってからも継続的に運動をする必要があります。

生きるということは、まず体が正常に動くことを基盤として成り立ちます。

その上に精神作用があるのです。

この当たり前のことが実は軽視されているように思えます。

www.jw.org

f:id:petit-column:20211225110556p:plain

Lesson

好感がもてる人物に共通する行動パターンとは

自分は人にどんな印象を与えているのだろう、と気になることがありますか。

あなたもそうかもしれません。

 

ある人は自分を印象付けるために、自分の美貌、才能、能力、仕事、家柄、財産、業績、ポジションをひけらかそうとするかもしれません。

 

一般論として、これらは人のプライドを構成する要素です。

しかし自分でそんなことを吹聴したとしても、いい処お世辞の対象になるまでで、良い印象には結びつきません。通常は真逆の結果になるものです。

 

良い人間関係を築きたいのであるならばそれ特有の要素があります。

そのようなリストを覚えることも役に立ちますが、むしろ、あなただったら人からどう接してほしいと思うか、「人からしてほしいと思うこと」をいつも考えて人に接するなら、あなたの印象は格段に改善されるはずです。

 

そう思いませんか。

www.jw.org

「グッドバイ」 別れの言葉が出会いとなる時

“good-bye”という表現は別れ際によく使います。

少し寂しい響きがあると感じる人もいるかもしれません。

 

しかし、別れの言葉である英語の“good-bye”は、「神があなたと共におられますように」(God be with you)という英語の現代的な短縮形で、別れ際にそう言うのは、相手に神の祝福が臨むことを願う思いやりの気持ちの表れでした。

 

フランス語のアデュー、スペイン語のアディオスにも、同様の考えが含まれています。

ですからとても素敵な言葉です。

 

それで、あなたがこれからもこの言葉を使うのなら、「その神」とは一体誰のことなのか、考える切っ掛けとなります。

 

もしかしたら、“good-bye”という言葉が、「さようなら」どころか、人生で最も重要で素晴らしい「出会い」の切っ掛けになるかもしれません。

www.jw.org

オミクロン株の次は? だから以前の生活に戻る意義はない

変種のオミクロン株が話題となっています。

オミクロンが出たのであれば、その次もあるはず。

最終回の無いドラマのようなものかもしれません。

 

以前の生活に戻りたいと言う人も多いようですが、以前の生活、以前の世界からコロナが発生し、パンデミックとなりました。

以前の世界に戻るのなら、100年前のスペイン風邪が、再び今回のコロナとして蔓延したように、同じ"ドラマ"が繰り返されることになります。

 

それで私たちに本当に必要なのは以前の生活に戻ることではありません。

「新しい生活」、「新しい世界」に移行することです。

そうではないでしょうか。

www.jw.org